HOME

代理出産は海外の現地サポートのあるエージェンシーを選ぼう

白のワンピース

自分では事情で出産できず代理出産が進んでいる海外で代理母を探したい場合は、専門家がいるエージェンシーへ相談することが一番です。自分で信頼できる代理母を探すことや、複雑な手続きをするのは困難です。代理出産についてはエージェンシーの力を借り、安全な状態で進めるようにしましょう。
最近は不妊治療の一環として第三者による出産は注目されており、そのサポートをする事業者は増えてきています。急増する事業者の中から良いエージェンシーを見つけるには、ポイントとして海外に渡航した際に現地にサポートスタッフがいるところを選ぶことです。依頼者のことを真剣に考えている良い事業者は、海外で依頼者が困らないようにフォローするスタッフを用意しています。細かな部分まで配慮が行き届いている事業者は、仕事も最後まで丁寧に行うので信頼できます。良い事業者は代理母や医師、コーディネーターと、パートナーとなる人物も信用できる人を手配してくれます。
評価の高いエージェンシーは海外の医療機関にも詳しいので、代理出産の技術が進んでいるクリニックの紹介が可能です。先進技術のあるクリニックであれば、代理母の妊娠と出産も安心です。海外で問題なく代理母に出産してもらうには、エージェンシーへ相談してください。

代理出産が認められていない日本において代理出産をする方法

代理出産は、病気や体質などの原因により出産が難しいと診断された場合、妻以外の女性の卵子や子宮の提供を受けて出産することをいいます。
代理出産は大きく分けて2通りあり、ひとつは夫の精子を第三者の女性に人工授精し、妻に変わって妊娠や出産させるもの。もうひとつは妻が正常な卵子を作れる場合、夫婦の精子と卵子を体外受精をさせたのち、その受精卵を第三者の女性に移植して出産する代理母出産がありますが、どちらも日本では法的整備が進んでいないため国内での代理出産は原則として実施されていないのが現状です。
では、日本において代理出産を望む場合にはどうしたらよいか。その答えの一つにエージェンシーに依頼し、代理出産が認められている国で実施するという選択があります。
海外ではアメリカを始め多くの国で代理出産が認められており、それらの国の多くでは最も安全で現実的に子供を授かる方法として認識されているのです。
日本国内での代理出産は認められていないとはいえ、夫婦にとっては子供が欲しいという願いはとても切実な問題です。代理出産エージェンシーはそんな悩みに応えようと各国の医師や専門家と綿密に相談し、その人にあったプランを提案、無事に悩みが解決できるよう、懸け橋となってくれます。
代理出産について悩んでいる方がいましたら、一度エージェンシーへ相談してみてはいかがでしょうか。

代理出産という選択をする場合にはエージェンシーの話を聞いてから

子宮の問題で妊娠ができないという人でも、代理出産という選択をすれば夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持てる可能性があります。そのために必要なことは、卵子と精子の採取ができることです。生まれつき子宮を持たない人、もしくは病気で子宮を全摘した人でも、卵巣機能が残っており正常に機能をしていれば、そこから卵子を採取し配偶者の精子と受精させることで、受精卵を作ることができます。ここまでは、体外受精の流れと同じですが、体外受精の場合は母親の子宮に受精卵を戻すのに対し、代理出産の場合は代理母の子宮へと受精卵を移植していきます。受精卵を移植後、代理母が妊娠をすることができればそのまま出産までを任せる形となります。

妊娠や出産は代理母に任せることになる代理出産ですが、元となる受精卵は夫婦の卵子と精子から作られたものとなるため、夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持つことができます。そんな代理出産を選択したいと考えているのであれば、まずは代理出産のエージェンシーへ相談をすることがおすすめです。メールや電話で気軽に相談できるエージェンシーもあるため、代理出産に興味を持っているのであれば、まずは話を聞いてみるところから始めてみると良いでしょう。


まずは相談しましょう!代理出産エージェンシー「メディブリッジ」に相談してみてはどうでしょうか?質の高い医療サービスを提供してくれますよ!

Headline

妊娠線

代理出産の成功率を左右するポイントは

子宮の問題など、様々な事情で妊娠が難しい人でも、代理出産という方法を選べば夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持つことができる可能性が生まれます。ただ、代理出産を選べば100%子どもを持つことができる…

≫more

母と子

代理出産に関する不安や悩みはエージェンシーに相談を

子宮がない、妊娠をしてもすぐに流産をしてしまうなど、妊娠や出産が難しい人でも夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持てる方法が、代理出産です。代理母の子宮を借りる代理出産であれば、子宮を持たない人でも夫…

≫more

乳児

代理出産を選択した場合にかかる期間

代理出産で子供を授かるためには、1年以上の期間が必要となります。まず最初に必要となるのが、準備期間です。代理出産をすることを心に決めた状態で、代理出産エージェンシーへ相談をした場…

≫more

夫婦

代理出産を行う流れと妊娠の成功率

様々な事情で自分の子宮で子供を育てることができない人でも、代理出産という方法を選べば夫婦の子供を持つことができる可能性があります。そんな代理出産を考えているのであれば、まずは代理出産エージェンシ…

≫more